原田産業株式会社 メディカルチーム 原田産業TOPへ

HARADA 原田産業株式会社

気管支充填材 EWS

Endobronchial Watanabe Spigot

外科手術による治療が困難でかつ気管支充填術が適用となる以下の症例に使用します。

フランス・Novatech社

医療機器認証番号 22500BZX00015000
クラスⅢ 高度管理医療機器

添付文書 気管支充填材 EWS 添付文書

特徴

◆形状・構造
EWS® は、シリコン製の塞栓物です。一方が細い円柱状構造をしており、充填箇所で固定するよう
胴体部分に 6 か所の半円球状の突起が配置されています。
また、EWS® の上下には板状の突起があり、気管支充填術を行う際に把持鉗子で強固に把持するこ
とができます。

◆サイズ
充填箇所に合わせて適切なサイズをお選びください。
通常、亜区域気管支に M サイズを充填します。

◆効能又は効果
EWS® は外科手術による治療が困難で、かつ次の瘻孔を有する患者様の気管支に充填するために用います。
●続発性難治性気胸 ●肺切除後に遷延するエアリーク ●有瘻性膿胸 ●その他の瘻孔

◆使用方法
・バルーンカテーテルなどを用いて同定した責任気管支に合うサイズの EWS® を選択してください。
・軟性気管支鏡の作業チャネルに軟性把持鉗子を通し、EWS® の太い方の板状突起(近位部)を強く把持してください。
・気管内チューブを通して責任気管支に EWS® を運び、近位端の肩が隠れるくらいまで押し込んで
ください。
・留置後、X 線撮影を行い充填箇所の位置を確認してください。

手技の詳細については岡山赤十字病院 渡辺洋一先生監修のビデオ「気管支充填材EWSを用いたオペレーション映像」及びハンドブック「EWSを用いた気管支充填術の実際」をご覧いただきますよう お願いいたします。